トップページ > 研究・資料 > 蛍光染料の危険性
蛍光染料の危険性

平成18年2月28日、愛媛県紙産業研究センターにてペーパー拭き取り後の繊維付着状況を観察!!
蛍光染料やビスフェノールAを含んだ“紙くず”が飛散・混入!!また、空気中の“紙くず”を吸飲する恐れがあります!!
これが「食品」「医療現場」「医療関連施設」で使われたら?!
 
◎蛍光染料(蛍光増白剤)
【発ガン性物質・環境ホルモン】のひとつではないかと言われている化学物質です。厚生労働省・経済産業所・日本薬局方・食品衛生法では厳しく制限しています。
当社のふじタッチクリーン(蛍光染料なし)
蛍光染料の入ったペーパータオル
▲当社のペーパータオルは、蛍光染料が含まれていない為、本来のブラックライトの色だけになっています。 ▲このペーパータオルには、蛍光染料が含まれている為、ブラックライトが蛍光染料に反応し明るく光っています。

◎ビスフェノールA

【環境ホルモン】のひとつで、生殖機能に影響を及ぼすだけでなく、食品衛生法で定められた許容摂取量2.5ppmより、ごく少量の0.003ppmでも脳の記憶に関する物質の働きを阻害する働きがあるとの研究結果が公表されました。

当社ペーパータオル
他社ペーパータオル
当社ペーパータオル
インキゴミの入ったペーパータオル
※ビスフェノールAの正体は、再生紙に含まれるインキゴミの残量成分と考えられています。

上記物質を含まない安全な製品づくりを当社は行っております!!一度お試しください!!


資料取寄せや詳しい内容については、お気軽に下記までご連絡下さいませ。

 TEL: 0896-24-3385
page top